在宅診療とは

「在宅診療」とは、医師が定期的に自宅へ伺って診療や投薬を行うことです。

 

「往診」という行為もありますが、これは急に具合が悪くなって通院困難なときに、家族または本人からの依頼を受けて、医師が自宅へ伺って診療を行うことです。

 

「在宅診療」は介護保険を受けている方が対象になります。

日にちを決めて、月2回の定期的な診療を行います。

ただし、突然具合が悪くなった時には、往診も行います。

 

川崎セツルメント診療所では、病気をお持ちの本人と家族の皆さんが安心して自宅で生活が送れるように、本人の病気の管理はもちろんですが、介護の問題や家族の健康相談も行っております。

 

幸・中原地区の往診を行っていますが、幸・中原地域以外の方でも、ご心配なことがありましたら是非ご相談下さい。